弁松のお弁当
祖父は深川あたりのでえく、いや大工の子で、しゃべり方なんかも落語にでてくるご隠居さんのようないわゆる江戸っ子でした。
私は都下出身なので厳密な江戸っ子の条件には当てはまらないと思うけれどDNAの中にしっかり江戸っ子のカケラはインプットされているようで「宵越しの金はもたねぇよ」的な行動も数多く・・・(苦笑)
そんな江戸っ子のカケラが恋しく思うのが弁松さんのお弁当。
e0101496_12493545.jpg

私の取った画像はイマイチだからHPでも見てくださいよ。
弁松さんのお弁当は茶色ベースでちょっと色味的には地味なのです。
子供はこんなお弁当嫌がるだろうなっていう。
でも「冷めた時に一番美味しく」なるように計算されたその中身はどこをとってもはずれなし!
卵焼きも里芋もメカジキの照り焼きも、もちろんご飯も。
味付けは甘辛で濃ゆい江戸の味。
好みは別れる味かもしれないけれど、これはこれで私は好きです。
ほんのりおかずやご飯に移った経木の香りもいいよねぇ~。

祖父の義理の姉にあたる方はちょっとごつめの強面で着物姿で煙管を吹かしていたりしたので遊郭の女将みたいだな・・・なんて思ったりしたものでしたが、今思い返すとこれまた江戸っ子っぽい結構カッコイイおばあちゃんだったなぁ・・・
なんかそんなことをお思い出す弁松さんのお弁当でした。
[PR]
by nekonote_love | 2008-10-28 13:03 | 美味しいもの
<< 10月の西馬込土産 SALON DE Le Bon >>



東京の片隅でネコと暮らす夫婦の日々を綴っていきます。コメントの承認が遅れることが多々ございます。ご了承ください。
by nekonote_love
カテゴリ
全体
お出かけ
美味しいもの
喜怒哀楽
とりあえず
香りもの
本・映画・観劇

食器・ウェッジウッド
ファッション・コスメ
ハンドメイド
うちのこと
未分類
以前の記事
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
more...
タグ
フォロー中のブログ
To pass leis...
*petit a pet...
カフェ日記はじめます♪
色と香りと心のトーン
美味しいモノ日記
アンティークな小物たち ...
* MORE DELIC...
Hiyori
テンテンとジャン
la mer
メモ帳
最新のコメント
果穂さんへ 是非一緒に..
by nekonote_love at 16:45
ねこなでさんの興奮が伝わ..
by 果穂 at 17:50
果穂さんへ 気にかけて..
by nekonote_love at 19:48
最近麦ちゃんは元気だろう..
by 果穂 at 20:27
果穂さんへ 相変わらず..
by nekonote_love at 16:10
検索
その他のジャンル